社長メッセージ

社長挨拶


一滴のしずくから大河が生まれるがごとく、 一冊の研究書からメルスモン製薬株式会社の歴史が始まりました。

ウクライナ出身のフィラトフ博士は、移植医療、再生医学の
先駆者として知られており、博士による「組織療法」は、 広く世界に貢献しております。
角膜移植など、私達は現在もその恩恵に浴しております。

 日本では、広範な分野の研究者・臨床医師により
「フィラトフ会」という研究団体が結成され、1950年に「組織療法研究所」が設立されました。
1956年、東京大学医学部の三上芳郎博士(助教授)をはじめとする先生方の研究から「メルスモン注射剤」が認可されました。
「組織療法研究所」を「メルスモン製薬株式会社」と改組し、半世紀以上にわたって医師、研究者の先生方と手をたずさえ、 患者様の健康に寄与し、社会に貢献する企業として、 日々研鑽の道を歩んでまいりました。


中国宋時代が起源の「漢方軟膏タイツコウ」は東京理科大学 長澤元夫名名誉教授(元薬学部長)の協力のもと、1000年の歴史をこえて再現され、家庭の常備薬として愛用されております。




代表取締役社長  船生 功一郎